性交痛薬

ダイフルカンジェネリックをこちらから購入しています。


夜の生活のときも
よくぬれるので
とてもいいです

 

>>ダイフルカンジェネリックの購入はこちら

 

 







性交痛を解消するためにリューブゼリーを使っています。

性交痛って、やっぱり潤いが足りないために起こることが多いみたいです。

 

男性が女性がリラックスしてしっかり感じるまで尽くすことができてないのかもしれませんね。

 

一番簡単な方法としては、リューブゼリーなどの人工的に膣に潤いを与えるものを使うことなんじゃないでしょうか。

 

 

私は妻が潤ってるかな?と思っても、痛がらせるといやなので毎回使ってます。

 

これは私的には妻への思いやりなんですけど。

 

潮を吹くような感じやすい女性なら濡れ濡れで問題ないのかもしれませんが、なかなか現実的にはそういうわけにはいかないですよね。

 

私にもっとテクニックがあればいいのかもしれませんが、なかなか何も使わなくてもするっと簡単に挿入!なんていう経験はありません。

 

毎回お口で一生懸命奉仕してるつもりだし、一応逝ったような感じはあるんですけど、いざ挿入しようっていう段階になると、そんなにぬれていないっていう感じです。

 

やっぱり私の力不足なんでしょうか?

 

自分の愛撫でなにも必要ないくらいぬれさせてあげたいんですけどね、本当は。

 

どうしてダメなのかなぁ。

 

教えて欲しいな。

 

妻はあまりセックスが好きじゃないんですよね。

 

それもやっぱり私が下手なせいでそうさせてるんでしょうか?

 

私が上手だったら妻もセックスが好きになってくれるんでしょうか?

 

と、そんなこんなで私も悩みながらなんですが、妻に苦痛を感じさせないようにするためにはリューブゼリーを使っています。

 

少しでも気持ちよくなって欲しいと努力してるんですが。

 

ちょっと寂しいです。